町一番の権力者のグルーノが、お気に入りの女と通りを歩いていた。
 そこに、旅の途中らしい長い黒髪の傭兵と、金色の髪の若い神官が宿を求めて町にやってきた。
 その傭兵がえらいいい男だったものだから、グルーノの女が、思わずその男に色目を使った。
 黒髪の傭兵が鼻で笑って行きすぎた。
 自分のお気に入りの女を、自分より若くていい男に鼻で笑われて、グルーノの自尊心はいたく傷つけられた。

 話としては、単純なものだと思う。

 バーテンは、グルーノの手下におだてられながら酒場の二階にある賭場に案内されていった黒髪の傭兵の姿を思い出して、小さくため息をついた。
 手下達の体に遮られて、カウンターの中の自分からはよく見えなかったが、ちらりと見えた黒髪の男の顔立ちは、確かに驚くほど美しかった。身なりをきちんとすれば、貴族の青年がお忍びで旅をしているのだと言っても通用するだろう。
 運がなかったものだ、とバーテンは内心男に同情した。
 この酒場も、二階の賭場も、グルーノの持ち物だ。賭場では、『少しいい目を見せて調子に乗せた後で、黒髪の男から身ぐるみ剥いでしまえ』とグルーノからいいつかったディーラーや仕込みの客が、巧妙なイカサマ絵札(カード)を懐に忍ばせて機会を伺っていることだろう。賑やかな楽曲も、客や店の女達の喧噪も、今日は全部、黒髪の男を陥れるための小道具にすぎない。
 そしてたぶん、バーテンの目の前の青年も、それは判っているはずだった。
 人の気配であふれる二階の賑やかさとは裏腹に、一階のこの酒場には、バーテンと、もう一人しかいなかった。
 黒髪の男の印象(インパクト)が強すぎて、たぶん他の誰からも忘れられている、神官の青年だ。
 青年の傍らには、黒髪の男が腰に帯 (は)いていた、黒い鞘におさまった長剣が置かれている。賭場に武器を持って入ることはできないから、預かっているのだ。
 稔った麦の穂を思わせる柔らかな金色の髪に、人の好さそうな顔立ちのその青年は、バーテンのカウンターの椅子に腰掛け、本来なら穀物酒を割るために用意している温かい緑茶を、美味しそうにいただいていた。
 あどけなさが残った顔立ちから、年齢は二十歳そこそこと思われた。その青年が身につけているのは、大地の女神レマイナの神官が身につける白っぽい法衣だ。
 それだけでも、こうした古びた酒場には場違いなのに、更にこの青年は、背中に使い込まれた大剣を背負っていた。どういう事情なのかは知るよしもない。特に今はどうでもいいことだろうが、人の好さそうな彼の顔立ちには、似合わないことこの上なかった。
 両手でカップを抱え、大事に緑茶をいただいていた青年は、自分を伺うバーテンの視線に気付いたのか、穏やかな笑みを見せた。
「なんだか、グランさんがお騒がせしてすみません」
「え、いや……」
 この青年は、自分の連れがもうじき無一文どころか、とんでもない額の負けを背負わされるのが判っているのだろうか。
 客との落ちついた会話も仕事のひとつと思ってはいても、バーテンはあまり上手い言葉が思いつかなかった。とりあえず当たり障りのない会話でも、と思ったところで、階上がひときわ大きな歓声でわき上がったのが耳に届いた。
 ああ、そろそろ決着がついたのだな、と、バーテンは気の毒な気分のまま階段の方向に視線を向けた。
 明らかないかさまに抗議する黒髪の男が、店の屈強な男達にボコボコにされて、引きずられるように店から連れ出されていく姿まで、バーテンには容易に想像が出来た。
 ……だが、ひとしきり上がっていた大勢の歓声が、怒号に変わる気配はない。逆に、戸惑ったようなどよめきが広がっているのが天井から伝わってくる。
 いつもとは違う展開(パターン)だ。もっとよく様子を伺おうと、バーテンは思わずカウンターから身を乗り出そうとした。
 その目の前で、からになったカップを置いた神官の青年が、満足そうに息をついた。
「このお茶、苦みが少なくて美味しいですね。いい葉を使ってらっしゃるんですか」
「いや、緑茶はお湯の温度にもコツがあって・・・」
 こんな時に、この青年は何を言い出すのだろう。そして、反射的にいつも通りの受け答えをしている自分はなんなのか。思わず自分に呆れてしまったその瞬間、
 扉が乱暴に開けられる――というよりは、ぶち破られたような派手な音が、階段の上の方から鳴り響いた。
 扉一枚で抑えられていた二階の喧噪が、一気に階下まで 吹き込んできた。女達の甲高い悲鳴と、男達の怒号。何かが派手にぶつかり合う音と、階段を大きなものが転げ落ちてくる音と、
「ぎげぇっ」
 悲鳴なのかよく判らない声を上げながら、階段を転がり落ちてきたのは、賭場の『警備』をしている体格のいい黒服の男だった。階段の下の床まで転げ落ちてきた黒服は、背中をしたたかに打って目を白黒させたまま動かなくなった。
「ぐえぁっ」
「うぐぉ」
 奇怪な声を上げながら、床に倒れた黒服の上に更に、もう二人の黒服が降ってきた。
 獲物が逃げ出さないように、賭場の出入り口付近にさりげなく立つ役目の男 達だ。ふたりとも最初の男と同じように大きな体格で、『警備』の男達の中でも特に場慣れしている。ちょっとやそっとじゃ動じない、はずだった。
 一拍を置いて、折り重なって動かなくなった男達の上に、今度は子どもの頭ほどの大きさの麻袋が降ってきた。ずっしり重そうな麻袋は、一番上の黒服の腹の上を直撃し、
「げごぉっ」
 気を失っていたはず黒服は大きく目を見開くと、ひっくり返った蛙のように四肢をひくつかせ、また動かなくなった。縛られた麻袋の口から、何枚かの銀色の丸いものが飛び出して転がり、床の上で場違いなほど心地よい音を響かせる。
「まーったく、あんなちゃちいイカサマで、俺になにしようっていうのかね」
 声と一緒に、階段を降りてくる足音が聞こえる。
 唖然としているバーテンの視線の先で、折り重なった黒服を踏み越えて階下に降り立ったのは、今日の『主賓』のはずの黒髪の青年だった。
 服の上に身につけているのは、黒い革で補強された肩当てと胸当て。そして、黒革のブーツと指先のない黒革のグローブ。今は鞘のついていない、帯剣用のベルトも黒。すべてがそれなりに使い込まれているから、それに見あった経験者ではあるのだろう。
 確かによく鍛えられた体つきで背も高いが、とても素手であの三人を殴り倒せるほど力強くは見えない。だがこの状況ではどう考えても、この三人を階下へ放り投げたのは、この黒髪の男だ。
 階上では、男達の叫び声とどよめきが聞こえてくる。しかし、黒髪の男を追って駆け下りてくる足音はなかった。いきなり、店で一番強いはずの三人が片付けられてしまったので、率先して追いかけようと思う者がいないらしい。
 黒髪の男は涼しい顔で、黒服の腹の上の麻袋を拾い上げた。その美しい黒い瞳でバーテンを見てにやりと笑うと、金髪の青年に視線を向ける。金髪の青年は心得た顔で、預かっていた長剣を鞘ごと黒髪の男に放り投げる。
「もう用はねぇや。行くぞエレム」
「グランさん、悪いことはしなかったでしょうね」
「あいつらが使ってた変な絵札を、そのまま使い返して勝っただけだ。悪いことじゃねぇだろ」
 放られた剣を器用に片手で受け止め、グランと呼ばれた男は面倒そうに言い捨てた。勝った分の銀貨硬貨の詰まった麻袋を肩に担ぎ、さっさと酒場の扉に向かって歩き出す。
 立ち上がった神官の青年は、麻袋からこぼれて転がってきた銀貨を一枚拾い上げ、カウンターの中のバーテンに向かって軽く放り投げた。
「ごちそうさまでした、おつりは結構ですから」
 反射的に銀貨を受け取ったバーテンに向かって、エレムは笑顔でそう言うと、先に外に出て行ってしまったグランを追いかけて行った。二階の喧噪と、床に積まれた三人の黒服と、風に揺れる酒場の扉を順番に見比べ、バーテンは目を丸くしたまま呆然と立ちつくしていた。


エピローグ用