こんにちは、中の人です。
今日はお休みなので、一日引きこもったりコンビニに逃避したりしながら(何、いっきに推敲作業をする予定です。

終わったら、推敲版として一括掲載するのですが、その際、
ほかの作者さん方に説明する際に用いた下書き段階のものも、一緒に公開する予定です。
原作設定に基づいたご意見を頂いて、どう話を修正していったのか、参考に・・・参考に・・・(汗



てことで、今回は、このお話の発想に至った経緯とか、つらつらと。

中の人、ライトなラノベコンテストカテゴリの中で、
 勝手にピックアップ! ライトなラノベコンテスト参加作品紹介
というブログを、まったく個人的にやらせていただいてます。
ただの一参加者がなぜああいうことをしているのかという経緯は、あっちで見ていただくことにして(雑)、

他の参加者さんの作品を読ませていただくうちに、
「このお祭りに便乗した、お祭りらしい作品をひとつ書きたいな」
と思うようになった、というのは冒頭の「更新開始のお知らせ」の中でもご説明しました。
これ、わりと早い段階で、ツイッターでも呟いてた気がします。



実は導入部は、かなり昔から温めてきたのです。もちろん、「ライトなラノベコンテスト」とは全く関わりなく。
あの導入を使って、どんなオチにするかがなかなか発想できず、そのまま保留にしてたネタでした。
それが、今回のテーマに使えそうだったので、そのまま引っ張ってきたのです。


導入と、テーマに沿ったオチは決まったので、あとはどう話をつなげるかです。
もちろん、人様の作品世界に大きく干渉はできません。
流れの都合で原作様の本編には書かれてないけど、「裏ではこんなことがあったかも知れない」と思わせる程度の関わり方がよろしかろうという、・・・ことを考えてたわけじゃないんです。ごめんなさい。
全部ノリです(殴

とにかく、話らしいものがなんとなくできあがりました。
でも、具体的に形にするには、皆さんの了承をとらなくてはいけません。
了承とるためには、もう少し詳しく本編を書かなきゃいけない。
ということで、なんとかそれっぽく仕上げた段階で、4人の作者さんにツイッターのDM(ダイレクトメール)を飛ばしました。(この時点で、竜騎速達パートはあらすじ、元魔法少女パート、煮干し少女パート前半はメモ程度の下書きしかできてませんでした。)
皆さん、ツイッターのアカウントを持っててくれて助かりました。


ここで、お一人にでも嫌だと言われたら、話は全く変わってたんですが、皆さんおおらかでした。
皆さんの懐の深さに頭が下がるばかりです。
「更新開始のお知らせ」をアップした時点で、まだ全体は完成しておらず、ブログの更新作業に併行して、先に出番の来る竜騎速達パートにとりかかります。
できた初稿をアップして、原作者くーおさまからご意見を頂いて、更に訂正したのが本編。
そこから煮干し少女パートです。

煮干し少女パートは、いやもう大暴走でした。前半主人公でてこないし。
先にオチの部分を作ってたから、そのつなぎ作業に苦心しましたね。
普通はこんな虫食いの作業ってやらないんです。最初から最後まで書き上げた後で見直すので。
各話が、独立した短編になってるからこそなんでしょうが、こういうやり方でも書けるんだと、とても勉強になりました。




関係ないんですが、「りゅうき」と入力すると、ATOK先生がナチュラルに「龍騎」と変換してくれるので、夜中に脳内が突然東映ヒーローアワーになったりします。いや、あれは見たことないですけど。まともに全部見たのは電王とオーズくらいです。
え? 判らない? いやここはググって見に行ってください(真顔

normal_old-compass