周囲を覆う不自然な霧の中で、うごめく影があった。
 巨大で幅広な体躯、緑色の肌。手に持った棍棒は、一振りで人間の頭など簡単に打ち砕いてしまうほど太く重い。
 彼らは待っていた。一人の人間と、それを乗せた馬がやって来るのを、ただ、静かに。
 そして、張り巡らされた霧の動きが、獲物が彼らの方へ着実に近づいてくるのを知らせていた。
 それでもまだ、彼らは待った。獲物に警戒されないように、うなり声もあげず、ひそかに。
 その上に、
「……聞いてねぇぞおっ!」
 怒鳴り声を上げながら、『それ』が降ってきた。



「あ、ありえねぇ……」 
 グランは手探りで身を起こした。周囲は白い霧に覆われ、自分の足元も満足に見えない。それでも今は昼の明るさの中にいるのは間違いがなかった。さっきまで夜だったのに。
「な、なんなんですか、ここ。あの洞窟の地下?」
「なわけねぇだろ……」
 すぐそばで、エレムも起きあがろうとしているのが見える。立ち上がろうと、自分達が落ちた『地面』を探っていたグランが、なにかに気付いた様子で動きを止めた。
 その手が触れているのは、岩にしては弾力のある緑色の固まりで、しかもなんだか温かい。
「い、生き物か?!」
 グランが間の抜けた声を上げると同時に、彼らの下敷きになっていた緑色の生物がのそりと起き上がった。はずみで、二人は今度こそ地面に放り出された。
「こ、これって、人?」
「じゃなさそうだな……」
 グランは、『それら』を見て、さすがに息を飲んだ。
 形だけなら、人間に似てはいる。しかし背も体格も、グランが知っている『人間』の倍以上はあった。緑の肌と、なにより虚ろで感情のない瞳が、人間と同じ区分に入れるのを猛烈に拒否する。
 彼らは突然現れた二人を取り囲み、ぼんやりとした目で眺めている。まるで目の前に現れたこの二つの生き物が、その棍棒を振るうべき相手かどうか、見定めているようだ。下手に身構えるのは、かえって危険かも知れない。
「大陸にこんな生き物がいるなんて、聞いたことがないですよ。岩で出来た巨人の話なら古代神話にありますけど」
「ここが同じ大陸内って保証もねぇけどな」
「まさか……」
 小声で言葉を交わす二人を黙って眺めていた『それら』が、突然なにかに気付いた様子で一斉に同じ方角に顔を向けた。
 そのまま『それら』はなにかに呼ばれるように、顔を向けた方向へと移動し始めた。それまで観察していた人間二人のことなど、『それら』はもうすっかり忘れてしまったようだった。
「霧が……」
 あっけにとられて『それら』を見送っていたエレムが、周囲を見回して目をしばたたかせた。周囲を覆っていた霧が、あの生き物たちを追いかけるように、一緒に移動していくのだ。
「普通の霧じゃねぇな。……いったいなんなんだ」
「なにを感じて、移動していったんでしょうか……あれ?」
 言いながら、エレムは左腕に抱えたままだった黒い石板に目を向けた。光を放った石板を水平に持つと、その表面に浮かび上がった矢印は、はっきりとひとつの方角を示した。
 霧をまとったまま歩き進んでいく、あの生き物たちの方角へ。
「……まさか、あいつらの行く先に、これを渡さなきゃいけない相手がいるのか?」
「かも……知れないですね……」
「……」
 少しの沈黙の後。
 二人は気の進まない顔のまま、矢印の示す方向へと駆けだした。


 馬は、走る。乗せた主の思い定める方向へ。
 栗色がかった白馬が、草原の中を白い風のように走り抜けていく。時折、馬の背よりも高く伸びた草地もあるが、馬は戸惑うことなく駆けていく。
「……?」
 それまで、迷いなく一直線に駆けていた馬上で、その主が微かに首を傾げた。馬の首を撫でながら、なにか声をかけている。その言葉を理解したかのように、馬が心持ち向きを変え、速度を上げた。
 しばらく駆けた後、主がほっとした様子で馬の速度を落としかけた、その時、
 茂みの中から、太く大きな腕が、彼らに向けて伸びた。その手が、自分の体にまさに触れようとするのを、馬上の青年が理解するよりも早く、
 横から飛んできた大きな棍棒が、その腕の主の頭を直撃した。
 よほど当たりが良かったのか、棍棒を頭に受けた巨大な人間型の生物は、横倒しに倒れながら霧の中に溶けるように消えていった。そう、さっきまでは見通しの 良い草原の中を走っていたはずだったのに、いつの間にか濃い霧が周囲に立ちこめて、辺りを白く染めている。
「な、なんだ……?」
 いかに先を急いでいようとも、この濃い霧の中で、迂闊に前に進むことは出来ない。目を白黒させ、馬の速度を緩めた青年の耳に、
「やっぱり消えたぞ? なんなんだこいつら?」
「ああっ、今ので僕たちが攻撃してたのがばれちゃいましたよ!」
「そのでかいのが集団で襲ってくるとか反則だろうっ!」
 若い男二人の声と、人外の生物のうなり声。大きな棒のようなものを振り回し、打ち払う音。霧が阻んで姿を見ることは出来ないが、馬上の青年は、自分達を襲おうとしたオークの群れを相手に、何者かが立ち回っているのを耳で感じとった。察した瞬間、考えるよりも先に言葉が喉から出ていた。
「そいつらは召喚獣だ! ある程度以上のダメージを与えれば、召喚主の魔力の消耗量が上がって供給が追いつかなくなる、奴らは存在を維持できなくて霧散する!」
 青年の常識で言えば、こんな平地で野生のオークが狩りをするなどまずありえなかった。滅多に平地に現れないオークの群れが、偶然今の自分達の前に現れるものなのか。
 青年の言葉の意味を、霧の中の何者かは瞬時に理解したらしい。
「良く判んねぇが、ぶった斬ったほうが楽ってことか?!」
「ああ、こいつらを一刀両断するような腕があればだが……うぉわっ」
 速度を緩めたことで、近くにいたオークが青年と馬の居場所に近寄ってきた。
 思わず声を上げた青年の脇をかすめるように、新たに飛んできた巨大な棍棒が、オークの顔面を直撃した。衝撃で顔の骨が砕け、肉片が飛び散る――より先に、オークは倒れながら霧の中に溶け消えていく。
「それじゃ、さっさと片付けるぞ」
「あまり気は進まないですけどねぇ」
 霧の中の何者かは、手放した棍棒の代わりに、自前の剣を抜いたようだった。その瞬間、周囲にいたオーク達が、怯んだように後ずさったのが、少し離れた場所にいる青年にも感じられた。あまり知性の高くないオークを、剣を抜いただけで怯ませるとは、一体何者なのだろう。
 刃が風を起こし、霧を切り裂くと共に、周囲にいるオークの数が目に見えて減っていく。オークの数が減ると共に、辺りを覆っていた霧も薄れて、青年の目には、オークの群れの中で、長剣を鮮やかに振るう黒い戦士の姿が見えるようになってきた。
  青年が舞うように剣を振るう度、オークの首が、あるいは胴が人形のように飛んでいく。あれが野生のオークなら、血が噴き出し、死の間際の痛みと怒りでオークは咆哮を上げるだろう。しかし切り裂かれるそばから、オークの体は霧の中に霧散していく。戦士が確実にダメージを与えていくため、実体を維持するのと傷の修復のための魔力の供給が、追いつかないのだ。
 黒い風のように周囲を切り裂く戦士の背後には、彼の背を守るように大ぶりの剣を構えた金髪の青年の姿も見える。着ているのは、見慣れない、異国の神職を思わせるような白い服だった。
 だが、金髪の青年が、その大剣を振るう機会はなかった。彼が、背後のオークを剣で威嚇して動きを牽制するそのそばから、黒い戦士が手早くオーク達を片付けてしまうのだ。
 さほど時間もかからず、彼らの周囲にいた十数体のオークは、跡形もなく消え去っていた。それにあわせて立ちこめていた霧も消え、残ったのは踏み荒らされた草原と、三人の人間と、馬が一頭。
 黒髪の戦士は、血も曇りも残っていない自分の剣の刃を不思議そうに眺めている。
「つーか、魔法もなしで召喚獣を排除とか、何者……?」
「あ、あなたですか?!」
 先に背中の鞘に剣をおさめ、なにやら黒い板を懐から取り出して眺めていた白い法衣の青年が、はっとした様子で馬上の青年に顔を向けた。
「な、なに?」
「これを渡す相手ですよ! ララさんって、ご存じでしょう?」
「お前か?! お前が諸悪の根源か?!」
「な、なんの話?」
 嬉しそうな表情の金髪の青年と、顔立ちは美しいが柄の悪そうな黒髪の戦士に詰め寄られ、馬上の青年は思わず馬を走らせようと手綱を握りしめたが、肝心の馬が動こうとする気配がない。
「この石板が示す先に、これを渡す相手がいるって言われたんです。ほら……」
 金髪の青年が示したのは不思議な石板だった。透明な硝子の張られた黒い板の表面が光を放ち、赤い矢印を浮かび上がらせている。
 その矢印が、まっすぐに、馬と、それに乗る自分に向いているのだ。
「いやいや、こんなの、板の向きを変えれば……」
 青年の言葉に応えるように、金髪の青年は石板を水平に持ったままくるくると回転させた。不思議なことに、石板がどう回転しても、矢印の向きは変わらない。まるで羅針盤の針のようだ。
「なにこれ……? これと俺と、どう関係があるんだ? そのそもあんた達、なんでこんな場所にいるの」
 黒髪の戦士と金髪の若者は、馬上の青年の言葉を聞いて、顔を見あわせた。
「僕たちは、ある女性に、石板が示す先にいる人に、この石板を渡すように頼まれたんです……」
 金髪の若者のかいつまんだ説明を聞いて、馬上の青年はどう答えていいか判らず、困った様子で頷いた。
「……あんた達の話が本当だとしても、俺にはその石板の心当たりはないよ」
「そうですか……」
「結果的に助けてもらったみたいで有り難いんだけど、俺、急いで行かなきゃいけない場所があるんだ。ここからあっちに真っ直ぐ行けば、俺の出てきた街があるから、人捜しならそこがいいと思う。戻ってきてまた会えたら、礼ぐらいはさせてもらうからさ」
「あ、おい」
 彼らには悪いが、今は急を要するつとめがあるのだ。馬上の青年は、多少気が引ける思いを振り切るように、馬を走らせ始めた。

l201107221600

「行っちゃいましたね……」
「こんな所で偶然出会った相手が、無関係だとかあり得るのか?」
「でも、ご本人に心当たりはなさそうですし……」
 苦々しく吐き捨てたグランをなだめながら、エレムは馬一頭と人一人が駆けていった先を残念そうに眺めた。石板の矢印は、去っていった馬の方角を向いたままだ。
 その矢印が、ふと、大きく振れたかと思うと、馬の去っていったのとは逆の方角に先を向けた。
 目を丸くしていると、今度はその矢印の方角から、馬が勢いよく草地を駆けてくる足音が聞こえてきた。
「……あれ?」
 現れたのは、さっき反対方向に去っていった馬とその主の青年だった。さっきと同じ場所に並んで、自分を見上げる二人を見て、馬上の青年は目を丸くした。
「真っ直ぐ走ってたはずなのに、なんで?」
「さぁ……」
「まさか、あんた達もさっきのオークを操ってた奴の仲間なんじゃ」
 思いつくまま口にしたらしい馬上の青年は、しかしすぐに大きく首を振った。
「いや、俺の邪魔をするなら、もっと別なやりようがあるもんな。なぁ、その石板、ひょっとして俺と一緒に先に進めって言いたいんじゃないのか?」
「一緒に……?」
「というか、今は、あんた達と一緒じゃないと俺が先に進めないような気がするんだ」
 馬上の青年は、自分が向かおうとしていた先に目を向けた。空は雲ひとつなく気温の変化もないのに、行く手をまた、濃い霧が覆おうとしているのだ。
「さっきの、化け物達と一緒に出ていた霧でしょうか? なんなんでしょう」
「あまり聞いたことはないが、召喚獣と一緒に現れるようだから、魔力による目くらましの意味もあるんだろうな」
「その召喚獣ってのは、なんだ?」
 何気ないグランの問いかけに、馬上の青年は改めて驚いた様子だった。
「召喚獣を知らないなんて、あんたたち、一体どこから来たんだ? この馬だって、一応、俺が魔力で呼び出した召喚獣なんだぞ」
「馬だろ」
「……馬だけどさ」
「まぁまぁ」
 いきなりどんよりした青年を気遣うように、エレムが穏やかに割って入った。
「とにかく、僕らもほかに手がかりがないんです。一緒に行動してれば、判ることもあるかも知れませんし、同行させていただきましょう」
「そうしてくれるか。有り難い」
「しょうがねぇなぁ」
 殊勝に頭を下げた馬上の青年とは対照的に、グランは露骨にかったるそうな顔で、長い髪をかき上げた。


 もう一人くらいならなんとかなるが、さすがに大の男を更に二人も乗せるわけにもいかない。馬の歩みに合わせて、グランとエレムは多少小走りについていくことになった。
「へぇ、召喚士に魔法剣士ですか。この世界は、どうやら魔法が生活の中で大きな影響力を持ってるんですね」
 夜中の洞窟から放り出された先が真っ昼間の草原だったことや、さっきの得体の知れない生き物との遭遇で、ふたりはすっかり、目の前の事実を受け入れる気になったらしい。馬上の青年の言葉に、異を唱えることもなく耳を傾けている。
「『この世界』ってのも、くすっぐったい言われ方だな。あんた達の『世界』は、魔法がないのかい」
「その類のものが、まるっきりないわけではありませんが、使える人は限られているし、威力もさほどではありません。政治や軍事に用いられるほどのものではないですね」
「へぇ……ずいぶんと原始的なんだなぁ」
「そうですね。自分の思うままに馬を呼び出せたら、旅も楽そうでいいですね」
「いや、召喚獣ってのは本来そういう目的で呼ぶわけじゃないんだけどさ……」
 青年はなんとも言えない顔で言い淀んだ。どうやら召喚獣としての『馬』の立ち位置は、なかなか微妙なものであるらしい。それまであまり興味のなさそうな顔で話を聞いていたグランが、ふと進行方向の霧の中を探るように目を細めた。
「いるな。二匹」
「え?」
 青年が聞き返したときには、既にグランは無言で地を蹴っていた。黒い髪と鎧が霧の中に溶け込むのとほぼ同時に、鞘から抜かれた刃が風を起こしたのが気配で感じられた。
「グランさんは、あれで凄腕の傭兵なんですよ。一部の人には『漆黒の刃』なんて恐れられて……」
 隣を歩くエレムは、特に慌てた様子もない。代わりに、霧の中から怒鳴り声が飛んで来た。
「そういう恥ずかしい呼び名を広めてるんじゃない!」
「はいはい」
 彼らが追いつくと、少し薄れた霧の中で、グランは既に剣を鞘に収めていた。大きな生き物に草が踏み荒らされた跡はあったが、オークの実体の痕跡は既にない。
「魔法剣士でもないのに、召喚獣と渡り合えるとか、凄まじいな……」
「そうか? 急所を狙えば、霧みたいに消えてくれるとか、楽でいいぞ。血の跡も残らないなら、剣の手入れも心配しなくていいな」
「……あんた達の世界に、魔法剣士や召喚士がいない理由が、なんとなく判る気がするぞ」
 呆れたように青年は呟いた。
「それにしても、集団でオークを操るとか、変な霧を出すとか、今まで見てきた召喚のパターンとなんか違うんだよなぁ」
「そうなんですか?」
「うん、通常、召喚士に召喚獣は一人一体なんだよ。あんなに大勢のをいっぺんに操るっていうのは、聞いたことが……」
 言いながらなにげなく空を見上げた青年の言葉が、ふと途切れた。表情が変わったのに気づき、グランがその視線の先を目で追いかける。
「どうした?」
「今、太陽の近くをなにかがよぎった……」
「こんな霧の中で鳥?」
「上空まで霧が及んでないんだろうが、なんかすごくでかい」
 その姿は霧に阻まれて見えていないはずなのに、青年の目は無意識に『鳥』を追いかけているようだ。エレムは、彼の乗った馬が、同じように険しい瞳で中空を見つめているのに気がついた。すぐに、鳥の羽ばたく音がその視線の先から聞こえてきた。
「急降下して前から来るぞ、エレム、援護しろ!」
 今度も、真っ先に動いたのはグランだった。その後を追い、背中の剣の柄に手をかけながらエレムも駆けだした。
「待て、火の気配がする、そいつは……」
 驚愕した様子で、馬上の青年が背後で叫んだ。だがその声が終わるよりも早く、降下を終えた『鳥』が大きく翼と嘴(くちばし)を広げ、人間達を待ちかまえている姿が霧の中に浮かび上がった。
 赤みを帯びた鮮やかな黄金の体に、太陽の色をした嘴。その奥から覗くのは、炎の吐息。
 グランに並んだエレムが、背中の大剣を引き抜いた。ひときわ大きな咆哮を上げ、黄金の鳥が彼らに向けて火炎の息を吐き出そうとした、その瞬間、
 地を蹴ったグランは、軽々と黄金の鳥の頭上に躍り上がった。
 軽鎧とはいえ、それなりの重量のある装備を身につけた大の男が、人の頭ほどの位置で滞空している鳥を飛び越えようとしている。前方と上方に意識を散らされて、黄金の鳥が炎の吐き出す先を一瞬迷った。
 その頭上で、グランは剣を抜きざま、鮮やかに刃を一閃させた。
 頭部から頚部にかけてを両断されて、黄金の鳥は翼を大きく広げたまま、空中で動きを止めた。
 口から放たれるはずだった炎が行き場を失い、頭部を燃え上がらせる。その炎は、あっというまに鳥の体全体を包み込んだ。
 一方、剣を鞘に戻しながら上空で体を一回転させ、足から着地しようとしたグランの姿が霧の中に飲み込まれた瞬間、
「あうぇぁあ?!」
 それまでの手並みとはずいぶんとかけ離れた間の抜けた悲鳴が、地面の更に下の方に『落ちて』行くのが聞こえてきた。その後を追いかけるように、全身を自分の炎で燃え上がらせながら、黄金の鳥がひらひらと『落ちて』いった。一緒に風が動き、霧が薄れていくと、
 炎の鳥のいた場所から先の地面は、ぽっかりと大きく口を開けていた。
「が、崖?!」
「声と気配が消えたぞ……?」
 あっけにとられて様子を眺めていた馬上の青年が、エレムの横まで馬を進めてきた。
 周囲の霧が晴れると、眼下にはまるで雲海のように霧をたたえる、切り立った崖が横たわっていた。普通に考えれば、さっきの鳥もグランの体もそのままこの下に落ちていったのだろうが。
「いや、ちょっとこれは洒落にならないような」
「兄ちゃん、石板」
 ぽかんとした様子だった青年が、ふとエレムに視線を向けた。言われるままに懐から取り出すと、さっきまでは頑なに馬と青年を示していた矢印の先が、今は目の前の、崖の方へと向いている。
「岩や崖下になにかが叩きつけられた音もしなかったし、もう人の気配もない。この下が、次の道に通じてて、黒髪の兄ちゃんは先に飛ばされたってことじゃないのか?」
「いや、でも……」
 そう言われて、はいはいと納得して飛び下りるわけにも行かない。悪運の強いグランのことだから、叩きつけられる前にどこかに引っかかってでもいそうなものだ。それなら、上から引き上げてやらなければいけない。
 だが。
 それまで他人事のような顔で話を聞き流していた馬が、自分から突然首を動かし、後ろからエレムのえり首をくわえて引っ張り上げた。
「え、ええっ?」
 悲鳴を上げるエレムには構わず、馬は一旦後ろに首を振り、その勢いでエレムの体を崖の真上に放り投げた。
「~~~~!」
 言葉にならない悲鳴を上げながら、その姿が崖下を覆う霧の中に飲み込まれて見えなくなった。
「……ちょっとやりすぎじゃねぇの……?」
 さすがに不安になって、馬上から青年は崖下をのぞき見た。馬はもう知らん顔だ。
 まるで、エレムが落ちてくるのを待っていたかのように、崖下の霧が一斉に引き始めた。霧が晴れてみると、崖は底が見えないほど深いわけではなかった。あっというまに消し炭になったさっきの鳥の体が、崖底でくすぶっているのが見える。
 だが、人間二人が打ち付けられているような姿はどこにもなかった。
 青年はほうっと息をつくと、その崖の遥か向こうにある、自分の目指す方角を見据えて、真面目な顔を作った。
「なんにしろ、俺達はここを越えて行かなきゃいけないようだな。相棒、少し戻って、助走をつけて飛び越えるぞ」
 主に首筋を叩かれ、馬はまるでその言葉を理解したかのように、元来た方向へと首を巡らせた。
 視線の先に広がる草原は、さっきまでの霧が嘘のように晴れ渡っていた。

l201303110600