夢の中の依頼を受けるだなんて、ばかげているとしか言いようがない。
 ワイバーンのセツは、湖畔から自分を見上げているメリュの姿をちらりと見やり、胸中でまた呟いた。飛行中でなければ、ため息のひとつもつきたいところだ。
 そこは、その地域ではわりと大きな湖の上空だった。
 地形の影響か、一年の大半は上空を薄い雲が覆っている湖だ。この日もそうだった。
 その雲と、水面のちょうど中間付近を、セツはゆっくりと旋回していた。
 メリュが言うに、頼まれた『お届け物』は空から降ってくるらしい。白いものと、黒いものだというが、具体的になにが降ってくるかまでは判らないという。
『依頼人の正体も判らなければ、運ぶものがなにかも判らない、しかも夢の中での頼まれごとを、なぜ真に受けなければいけないのだ』
 と、セツはしごくまっとうな反論をしたのだが、
「だって、あの子、すごく困ってた感じだったし」
『夢なんだろう?』
「そうだけど、いいよって言っちゃったんだもの」
 メリュは当然だというように胸を張った。
「それに、報酬は大きな宝石みたいだった! 色まではよく判らなかったけど、丸い緑の台座にはまってたから、立派な指輪か、ペンダントヘッドじゃないかな」
 本当に『お届け物』を受け止めて届けたとして、夢の中の依頼人からどうやって報酬をもらうのだ。
 メリュの押しの強さは今に始まったことではないが、一度きつく言い含めた方がいいのかも知れない。何周目になるのかも判らなくなった旋回に再度入りながら、セツは薄雲に覆われた空に目を向けた。と、
「~~~~っ!」
 確かに、全体的に白いものが、薄い雲間から降ってきた。表現しようのない悲鳴を上げながら。


 着地するはずだった地面がそこになかった。
 なにを言っているのか判らないかも知れないが、自分でもなにが起きたか判らない。恐ろしいものの片鱗を……
 などど頭の片隅でやけに冷静なことを考えていたら、いきなりグランの足元の霧が晴れた。眼下に広がるのは、灰色に波打つ水面だ。崖底や岩場に落ちるよりはましかも知れないが、さすがにこの高度から落ちたら無事では済みそうにない。
 その時、自分の斜め後ろから、大きな影が近づいてくるのが目に入った。後ろから近寄ってきたそれは、グランに合わせて下降しながら、大きなはさみのようなもので彼の腰をはさみこんだ。
 そのまま落下の勢いを殺すように斜め下へ下降を続けたあと、水平に動きを変えた。
 どうやら、飛び込みと着衣泳は免れたらしいが、自分は何に助けられたのか。そう思ってふと見れば。
 自分の体を挟み込んでいるのは、大きな白い牙を生やした、巨大な上顎と下顎だった。
 ぎょっとして、思わず剣の柄に手を伸ばしかけた、その時、
「この方は、敵じゃないですよー」
 意外なほど近い場所から、覚えのある声が聞こえてきた。それも、背後から。
「そこでグランさんが暴れたら、僕まで振り落とされるかも知れないからおとなしくしてくださいね」
 エレムの声は妙に落ちついている。いっそ暴れてやろうかと一瞬思ってしまったが、自分をくわえているものは、とにかく害意はないらしい。
  グランが静かになると同時に、やはり背後で、大きな羽ばたきの音が聞こえた。考えてみれば当たり前のことだが、自分をくわえているなにものかは、巨大な翼を持っているようだ。
 ゆったりと高度を下げて向かうその先の地面で、やたら着込んだ白い髪の少女が、大きく両手を振っている。
「ほら、言ったとおりの白と黒でしょう? セツ」
 グランをくわえたまま、地面におりたったその生き物に、白い髪の少女は得意げに言い放った。
 その少女の前に差し出されるように置かれたグランは、振り返って自分をくわえてきたものの姿を見上げ、さすがに腰が抜けそうになった。
「なんだ、これ、この辺りの鳥ってこんななのか?」
「鳥じゃないよ、飛竜(ワイバーン)っていうの」
「鳥じゃないって」
 翼があって空を飛ぶなら鳥ではないのか。しかし外観は、鳥というよりはトカゲのようでもある。大きさが半端ないが。
「いやあ、空を飛ぶなんて初めてです、神の視点ってあんな感じなんでしょうか」
 口がふさがらないままのグランとは対照的に、エレムはすっかり感動した様子で、その飛竜の背から降りてきた。
「……なんでお前が、俺より先に拾われてるんだよ。俺の方が先に落ちただろう」
「そうなんですけど、この状況でそういう細かいことを気にするのも無意味に思えないです?」
「ああなぁ……」
 思わず納得して、グランが頷く。飛竜は二人をしげしげと見比べた後、視線を少女の方に向けた。
『拾ったはいいが、これをこれからどうするんだ、メリュ』
「どうするって……」
「喋った?!」
 今度はさすがにエレムも一緒になって声を上げた。メリュと呼ばれた少女が、目を丸くした。
「ワイバーンを知らないのに、どうして竜語が判るの?」
「竜語? 普通に喋ってたじゃねぇか」
「まさか、セツは違う言葉を喋ってるよ?」
『ふむ……』
 戸惑う人間達とは裏腹に、セツと呼ばれた飛竜は、思案するようにメリュを見下ろした。
『どうやら、メリュの見た夢は、本当にただの夢とは違うのかも知れないな。まずは彼らがどこから来てどこに向かっているのか、きちんと聞いてみよう』
 
「ああ、きっとその女の子だよ! 私の夢に出てきたの」
 二人のこれまでの話を聞き終わると、メリュは驚いた様子で、彼らの間に置かれた黒い石板をしげしげと眺めた。
「それでね、空から落ちてくる白と黒のものを、示されたとおりの場所に運んで欲しいって言われたの」
「俺達はモノか」
『我々が配達屋だと判っていたから、あえてそういう言い方をしたのかも知れないな』
 翼を休めるついでに、そばの木の若芽を器用についばんでいたセツが、グランの言葉に静かに応えた。
『それが、「人を運んで欲しい」と言われていたら、いくら夢でも安請け合いはしなかっただろう?』
「そうねぇ……。さすがに、大人の男の人を二人も、一緒にセツの背に乗せて運べないものね」
 メリュは頷き、石板から二人の人間へと視線を移した。
「で、あなたたちの話からすると、その石板の示す場所まで行き着けば、新しく道が開けるってことなのかな」
「そう……だと思いますけど」
 さすがに自信がなさそうにエレムは頷いたが、メリュはなにか心当たりがあるらしい。石板の矢印が示す方向に、確信を持った視線を向けた。
「じゃあ、やっぱりあそこだよ。セツ、例の『聖域』って、あの谷の向こうだよね」
『方向はそうだが……あそこだという確証はないだろう』
「私、一度行ってみたかったんだ。とても綺麗な場所なんでしょう?」
 青い瞳をきらきら輝かせてたたみかけるメリュとは逆に、セツはどうも気が進まないようだ。
「なんなんだよ、その『聖域』って」
「飛竜族が、聖なる地として守ってる場所のひとつだよ。古い時代の火山の噴火でできた、小さな山があって、その頂上が大きな湖になってるの」
「山の頂上が?」
「そう。山頂にあるのに、その湖はもう数千年も水量が変わらないままなんだって。でも、その湖面はずっと霧が覆ってて、滅多に見ることができないの。飛竜族は、『永遠の水瓶』とか『雲の生まれる場所』って呼んで、心ないものに荒らされないように守ってるんだって」
「それは不思議ですねぇ」
 興味をひかれた様子のエレムが、熱心に頷いた。
「竜のみなさんが守ってる場所なら、セツさんがいれば、通していただけるんじゃないですか?」
「普通は、そうみたいなんだけどね……」
 メリュの意味ありげな視線に、セツは少し肩を落としたように見えた。
『あの辺りの一族とは、ちょっと相性が悪いのだ』
「でも、石板はあっちを示してるんだよな」
 確かにグランが言うとおり、石板の矢印はまっすぐ『聖域』の方を示している。
「どっちにしろ、俺達があんたに無理強いすることはできないしさ。俺達だけでも示す方向に行ってみるよ。理屈は判らないが、あんたと喋れるってことは、ほかの竜とも喋れるってことだろ」
『それはそうかも知れないが』
「駄目だよ! 一度受けた依頼なんだから、きちんと最後までやり遂げなきゃ!」
 いつになく自信なさげなセツに、メリュが力説する。
『……メリュは聖域を見たいだけだろう』
「それもあるけど!」
「同行していただけるなら、心強いことは確かです」
 メリュの姿を微笑ましそうに眺め、エレムも頷いた。
「とにかく、行くだけ行ってみようよ。竜族は縄張り意識が強いけど、きちんと礼には応えてくれるんでしょ。正面から正攻法で頼んで、もし駄目なら、また別の方法を考えてみよう」
 どのみち、メリュはもう行く気になっているようだ。セツも仕方なさそうながら頷いた。
 どうもこのコンビ、主導権を握っているのは小さな少女の方らしい。

a9f8c7b2438a05f559b793fae15bcce4_l

 彼らのいた湖から、飛竜族の住む谷までは、そう遠くはないという。谷までの細い道を、人間の男二人は徒歩で進むことになった。少女を乗せた飛竜は、その側をゆったりと羽ばたきながら同行している。
 低空飛行しているのは、谷の近くを見張っている竜に、あまり早く発見されたくなかったからだったが、さほど意味はなかったようだ。
『人間を連れた奴が近づいてきてるって言うから見に来たら、やっぱりあんたか』
 谷の入り口では既に三匹の飛竜が待ちかまえていた。しかもそのうち一匹は、セツができれば会いたくないと思っていたその人、いやその竜だった。名前はハタという。
 竜の顔の区別つくわけのないグランとエレムにも、ハタだけは左の翼にある古い傷跡で見分けられるのを見て取った。
『この辺じゃ見たことのない人間だな。いったいなにを企んでる?』
『この旅の人たちが、聖域を見に行きたいというので、案内してきたのだ』 
 ハタの言葉の端々に、セツを挑発しようというとげとげしさが感じられる。セツは努めて、事実だけを述べることにした。
『竜の谷を通る挨拶のために、私たちが同行したのだ。通してもらえるだろう』
 ごく平凡な答えに、後ろにいる二匹は拍子抜けしたようだった。だがハタは、険しい目でセツと、その連れの人間達を見返した。
『いや駄目だ。あんたはその娘と組んで、人間たち相手に怪しい商売をしてるって話じゃないか。本当はどんな目的があるのか判りゃしない』
『怪しい商売ではない。荷物の運搬を請け負っているだけだ』
『その「荷物」が、どんなものだか判らないって言ってるんだよ』
 どう考えても言いがかりでしかない。これなら逆に、自分が同行しない方が話はうまく運んだかも知れない。一旦引こうと、セツは自分の横でなにか言いかけたメリュに、黙るように目配せした。が、
「こんな程度の低いケンカの売り方、人間のガキだってしねぇよ」
 それまでは黙って話を聞いていたグランが、吐き捨てるように言い放った。
 普通なら、竜族は人語を解さないが、グランの言葉の意味は全員に伝わってしまったようだ。
『なんだと、貴様こそケンカを売る気なのか、この人間風情が』
 人間と通訳なしで話が通じていることを訝るほど、ハタには余裕がないようだ。声は咆哮に近いが、グランは怯んだ様子がない。横のエレムは、オロオロしているかと思えば、既にあきらめ顔でため息をついて、止めようともしない。
「竜ってのがどれだけ偉いのかは知らないが、あんたの言う『人間風情』が、きちんと筋を通そうと、飛竜を間に立てて挨拶に来てるんじゃねぇか。それを、なんだ? 頭から決めつけてばっかりで話もまともに聞かないとか、『人間風情』以下じゃねぇか」
『貴様、我ら飛竜族を愚弄する気か!』
「飛竜族をじゃねぇよ、あんたをだよ」
 グランは腕を組んで胸を反らし、鼻でせせら笑った。
「竜族ってのは、礼には応えてくれるもんなんだろ? あんた、それもできないのに、自分が飛竜族の代表みたいな気にでもなってんの? 飛竜族のほかの皆さんに失礼だろ」
 後ろではらはら見守っていた二匹が、思わず失笑したのが伝わってきた。もちろんグラン達には、竜の笑顔だのはよく判らないが。
『き、貴様、言わせておけば……』
「最初に言いたい放題言ってたのはどっちだよ」
「グランさん、あまり追い込むのは良くないですよ」
 心底気遣わしげにエレムが横から諫めた。
「逃げ道を残してあげるのが、大人のケンカというものです」
 小声の囁きだったのだが、それもばっちり聞こえてしまったらしい。さすがに激昂した様子で、ハタが翼を大きく広げようとした、その時だった。
『ハタ、いい加減にして!』
 谷の奥から新たに飛来してきた二匹の飛竜のうちの一匹が、鋭い叱責の言葉を投げかけた。ぎょっとした様子で、ハタが首を巡らす。
『ミル、いや、これはその……』
『お前の怒鳴り声、谷中に響いていたぞ』
 ミルと呼ばれた翼竜と共に、年長者らしい翼竜がハタの隣に舞い降りて一喝する。ハタが首をすくめると、ミルは申し訳なさそうにセツに顔を向けた。
『セツ、久しぶりに来てくれたのに、このひとは相変わらずでごめんなさい。お連れ様にも、怖い思いをさせてしまいましたね』
『いや、私こそハタに上手に話ができず申し訳なかった』
 どう考えても、そこにいる三人は全く怖がっていないのだが、とりあえずセツは恐縮してみせた。年長らしい竜が、人間達に頭を下げる。
『話は全部聞こえていた。その人間の言うとおりだ。ハタにはきつく言っておくので、ここは儂とミルに免じて許して欲しい』
「俺達を、ちゃんと『聖域』とやらに行かせてくれるなら、それでいいよ」
 なにやらわけありげなものを感じたのだろう。グランはちらりとセツを見ただけで、それ以上は食い下がらなかった。ミルと、年長の翼竜の険しい視線に、ハタは肩身が狭そうに身を縮めた。
『……冷静にならねばと思ってはいたのだが、昔のことを思い出してしまって、つい。すまなかった、セツ』
『いや、判ってもらえれば、それでよいのだ』
『「聖域」に行くなら、私たちもお供しますわ』
 上手く場が納まったのが嬉しそうに、ミルは穏やかに微笑んだ、ようだ。
『私たちには散歩程度の距離でも、人間がまともに歩いたら三日はかかりますもの。お詫びにお乗せしましょう』

 人間の男二人を乗せる役目は、ミルとハタで落ちついた。ハタは気乗りしなかったようだが、非礼の詫びだとミルに諭され、嫌だとは言えなかったのだ。
 人を乗せるためにそれなりの装備を身につけているセツとは違い、野生の翼竜がそのままで人を背に乗せるのは難しい。そうはいっても、新しい装備をすぐに手に入れるのは無理だから、メリュが手持ちのロープで簡単に手綱をこしらえてくれた。
 上空から見ると、広大な森を、竜達の住処である谷が大きく切り裂いているのが判る。その更に向こうには広大な山岳地帯があった。そして谷から真っ直ぐの場所には、かつて高くそびえていたのを、横から綺麗に上半分を斧で切り取ったような、広く平べったい山頂を持つ山があった。
 ハタの背に乗せられたグランは、おっかなびっくりの様子で手綱を握りしめている。それを楽しそうに一瞥すると、ミルの背に乗ったエレムは、風に持って行かれないように気をつけながらも、懐におさめていた石板を取りだした。
「やっぱり、石板はあっちを真っ直ぐ示してますね」
『人間達の間では、「聖域」には、異世界に通じた道があるとも言われてるそうよ。水が枯れないのは、水源が神の世界と通じているからだって』
「山頂でそれだけ水が豊かなら、そういう言い伝えもありそうですね」
 話している間にも、『聖域』はぐんぐん近づいてきている。
 間近で見ると、その山は話以上に面白い形状だった。山頂に水源を抱えているためか、山全体は豊かな緑で覆われている。山頂は大きくくぼんでいて、湖があるはずの場所には、綿帽子をかぶせたように白い霧が覆っていた。
『あの霧が晴れるのは、十数年に一度、あるかないかなのよ。いつ晴れるかも判らないから、谷の竜族の中でも見たことがある者は少ないの』
 エレムに頼まれるまま、湖の上空を大きく旋回しながら、ミルが説明する。その背で広げた石板は、やはり湖の中央部分を示していた。
「ここを、落ちて行かなきゃなんねぇの?」
 ここに来る前、グランが霧に覆われた谷底に落ちたのは、迂闊ではあるがまるっきりの事故だった。だが今度は、覚悟を決めて飛び込まなければならないのかもしれない。エレムの話に、グランは情けない顔でミルとセツを振り返った。
「なぁ、ひょっとして湖の中央に小さな島なんかあったりしてさ、そこに意味ありげな祠とかが……」
『ない』
 さっきの仕返しとばかりに、グランを乗せたハタがにっと笑った……ように見えた。
『島があったとしても、霧に覆われて船も出せないのに、どんな人間が祠を建てに行くのだ』
「霧が晴れた隙に、神の啓示を受けた誰かがワニの背に乗って渡ったとか伝説はないのか」
『ない』
 ハタはきっぱりと答えた。その時、少し強めの風が彼らの間を通り抜けた。
『おおっと』
「え?」
 風に煽られて体勢を崩したような素振りで、ハタが大きく体を斜めに傾けた。手綱を握る以外、体を固定するものがなかったグランは、はずみで背中から放り出されたうえに、手綱まで放してしまったらしい。
 ぽかんとした表情のまま、グランの姿は霧の中に吸い込まれていく。
「な……」
「なんてことするのよっ」
『悩めば悩むほど、恐怖心が大きくなって飛び込むのは難しくなるぞ』
 絶句したエレムの代わりに大声を上げたメリュ。ハタは澄ました顔で答えた。
『それに、ここからなら湖面に叩きつけられて死ぬようなことはそうないだろう。たとえ次への道が開けなかったとしても、湖畔まで泳ぎ着けば死ぬことはない』
「人間がこの湖を泳ぎ切るのにどれだけ時間がかかると思ってるのよ!」
 メリュのもっともな抗議には構わず、ハタは今度はエレムのえり首をくわえあげた。
「えっ? またこのパターンですか?!」
『大丈夫、運が悪くなければ死なない』
「悪かったらどうしてくれるんですかぁっ」
 周りがとめる間もなく、石板を抱えたエレムの体を、霧の中に放り込んだ。
 あっというまに霧の中にエレムの体が飲み込まれていく。
 それと同時に、霧の中から這い上がってきたグランの最後の怒鳴り声が、彼らの耳に届いた。
「おぼえてろおおおぉぉっ……」



「ど、どうしようセツ」
『まぁ……。彼らが普通では考えられない場所から落ちてきたのも事実であるし』
 二人が吸い込まれていった霧の中を眺めながら、セツは割に落ちついた様子で答えた。
『頼まれたとおり、石板の示す先に彼らを連れてきたのだから、依頼は完了ではないのか』
「そ、そうだけど」
 冷静に考えれば、不安になるのは当然のことだ。しょっぱなが非現実すぎて、勢いでここまで来てしまったが、霧の下の湖面で二人が溺れかけている事態も、十分にあり得る。
 夢の依頼主が、報酬となるものを目に見える形で与えてくれれば、メリュも納得するのだろうが。
『念のために、湖面の近くまで降りてみようか。霧の中でも、太陽さえ見失わなければ……』
『まぁ!』
 それまでメリュと同じように、呆然と湖面を眺めていたミルが、驚いた様子で声を上げた。
『見て、霧が……』
『なんと……!』
 ハタも感嘆の声を上げる。
 たいした風もないのに、二人が吸い込まれていった場所を中心にして、波紋が広がるように霧が薄れていく。
 あっという間に霧が引くと、山頂のくぼみになみなみと水をたたえた湖の姿が、くっきりと浮かび上がった。
 湖畔ぎりぎりまで緑に覆われた山頂で、空と同じ蒼色の美しい湖面が、太陽の光を受けて美しく輝いている。それはまるで、
「緑の台座にはまった、大きなサファイアみたい……!」
 湖面は磨き上げられた宝石の表面のように、静かに水をたたえている。
 三匹と一人は、再び霧がその表面を覆うまでの少しの間、その光景に陶然と見入っていた。落ちていった人間二人のことなど、すっかり忘れて。

Star-Saphire