はっとして二人が目を開くと、そこは薄暗い洞窟のなかだった。立ちすくむ二人の間には、子どもほどの大きさの岩があり、その上には黒い石板……ではなく、古びた本が載せられている。
 エレムは恐る恐る、その本に手を伸ばした。
 紙を細い紐でつづっただけの、なんの変哲もない本だった。もちろんどこを触っても、光るような気配はない。
「なんだったんだ、今の……」
 呟きかけたとたん、外から大勢が草を踏む足音が聞こえた気がして、グランは洞窟の入り口へと目を向けた。
 自分達を追いかけてきた者達が、もう近くまで来ているのだろうか。
 だが、
「……ああ、雨が降ってきたのか」
 さっきまで、雲ひとつない美しい月夜の空の下を歩いてきたはずだった。それが今は、月明かりに浮かび上がる草原の上を、大粒の雨が踊っているのが見える。雨が草を叩く音が、大勢の足音に聞こえたらしい。
 雨雲が空を覆ってしまったのか、周囲も一気に暗くなり、すぐに外の様子は伺えなくなった。
「……こんな雨なら、さっきの人たちも、追うのを諦めてくれそうですね」
 エレムが急いで、荷物袋から携帯用の燭台とマッチを引っ張り出す。火を灯した燭台を岩の上に置くと、洞窟全体が明るく照らし出された。
 どうやら近隣から山に入るものが、休憩所代わりにでも利用している場所なのだろう。入り口近くには焚き火の跡もあるし、隅には丸められたむしろも置いてある。雨を避けて一晩泊まる程度ならなんとかなりそうだった。
 周囲を見回し、拍子抜けした様子のグランがふと、エレムの服に目を向けた。
「おい、それ……」
「はい?」
 燭台の灯りの下、グランが気付いたのは、大きく切れたエレムの法衣の胸元だった。驚いて抑えたエレムの手に、砕けたガラスのかけらがいくつかこぼれ落ちる。
 二人は顔を見あわせた。夢か幻かは知らないが、自分達がこの一瞬の間に同じものを見てきたのだけは、なにも言わなくても察せられた。
「……一応、僕らは『彼女』の頼みを聞いてあげられたってことなんでしょうか」
「割にあわねぇ話のような気もするけどな」
 言いながら、グランはむしろを適当に広げると、その上にさっさと横になった。
「なんにしろ、今夜はここで雨宿りだ。俺が先に寝るから、夜中に交代な」
 エレムが異を唱える隙もなく、グランは目を閉じた。枕にしているのは、持ち出した金の詰まった麻袋だ。あんなものを枕にしたら、ろくな夢を見ないような気がするのだが、グランは全く気にした様子がない。
 エレムは軽く肩をすくめると、岩の上に置かれた本に目を向けた。
 使われているのは、少し古い時代の大陸共用語だ。内容は、ある国の神話を元にした空想の冒険譚のようだった。前にここを利用したものが、夜を明かす暇つぶしにでも読んでいたのかも知れない。
 エレムはぱらぱらと本をめくり、自然に笑みを漏らした。
「グランさん、これ、なんだか面白そうですよ」
「……」
 グランはもう眠ってしまったのか、エレムの言葉に答える様子もない。エレムは余っていたむしろを敷いて腰を降ろし、今度は熱心にその本を読み始めた。
 その本の冒頭にあるのは、こんな言葉だった。


 私たちの住むこの『世界』は、本につづられた紙のように、たくさんの『世界』と連なっているのです。
 そしてその『世界』は、人の思いの数だけ存在するのです――



<オールライト・オールライト 了>

file0001271448953